Official Blog婚活ブログ

アンジェリク婚活ブログ

年収500万円30代の独身男性は約15人に1人だった!

年収500万円30代の独身男性は約15人に1人だった!

婚活女性が、
お相手の条件によくあげる、
年収500万円の独身男性の割合はいったいどのぐらいいるのでしょうか?

 

よく出ているデータは年齢や独身かどうかも分からないものが多いですね。

 

ここ最近婚活現場では、
男性に年収500万円を希望するのは普通じゃないと感じている人もいます。

 

それでも殆どの30代の婚活女性は、
結婚相談所の入会時にお相手の希望年収は500万円以上と言っています。

 

40代で年収500万円じゃ少なすぎ、
30代男性で年収500万円以上の人と結婚したいと言ってる、
30代の婚活女性が沢山いますが現実を知ってもらう為に調べました。

 

一般的な30代男性の平均的な収入

 

平均収入でよく使われている数字は国税庁の「民間給与実態調査」※①です。

 

平成30年分の1年を通じて、
勤務した人の平均年収で30代の男性がどのくらいなのかが分かります。

 

30代前半が470万円、
30代後半が528万円、
30代前半だと届かないものの後半なら500万円を超えています。

 

ただ、ごく一部の収入の高い男性がいると平均を吊り上げてしまいますね。

 

平均年収は下限はあっても、
上限はないのでダントツに高い男性がいると一気に平均も上がります。

 

極端な話ですが、
例えば年収5000万円の男性がいたら、
年収500万円の人の10人分の金額で平均年収を一気に押し上げてしまいます。

 

30代男性で年収500万円の割合

 

厚生労働省の、
「平成30年賃金構造基本統計調査」※②は年代別の割合です。

 

ただ月収での分布でしたので年収を出すために計算をし直しました。

 

月収の12か月分と、
ボーナスは1.17カ月×2回が、
平均値というデータが、あったので2.34カ月を加算して年収を出しています。

 

年収500万円前後となるのは、
月収34万円(年収487万5600円)から35万9900円(年収516万966円)の部分です。

 

つまり年収500万円以上だと、
30代前半の割合は20%、30代後半の割合は34.5%でした。

 

月収での分布で、
計算したものなので厳密に言うと、
487万5600円からも含み500万円に少し届かない人も含めてこの割合です。

 

やはり国税庁が出している平均値とは乖離がありますね。

 

年収500万円の30代男性は7割以上が結婚している

 

前項では年収500万円以上の、
30代男性の割合は前半で20%後半で34.5%とお伝えしました。

 

しかしこれは、
結婚している人も含まれている数字で、
結婚している人の割合は内閣府「有配偶率」※③のデータでわかります。

 

男性の年収別、有配偶率で、
年収が高くなれば右肩上がりで結婚している事になりますね。

 

年収500万円台で、
結婚している人は30歳から34歳で72.1%、35歳から39歳で79.3%です。

 

つまり500万円台の年収なら30代前半で7割、後半で8割が結婚しています。

 

このデータと、
先ほどの厚生労働省のデータで、
30代で500万円の年収かつ独身男性の割合が次のように分かります。

 

「30歳から34歳男性、年収500万円で独身」
30代前半は20×27.9÷100=5.58%(約5.6%)

「35歳から39歳男性、年収500万円で独身」
30代後半は34.5×20.7÷100=7.1415%(約7.1%)

 

30代で年収500万円かつ、
独身男性の割合は約6.4%であり約15人に1人となりますね。

 

婚活で30代の年収500万円あって、
かつ独身の男性を探すのは凄く大変な事も分かるのではないでしょうか?

 

婚活では15人くらい30代の、
男性と会ってようやく一人会えるかな、
というイメージで少なくとも一般的には「普通」とは言えませんよね。

 

マッチングアプリ等の婚活はどこまで信用できるのか?

 

でもマッチングアプリやパーティーで婚活をしている女性なら、
「今まで普通に年収500万円の男性に会ってましたけど」
という声も聞こえてきそうです。

 

中には「年収1000万円以上の男性とも会えてました」という婚活女性もいます。

 

アプリから結婚相談所に移る、
30代の婚活女性もいますがアプリで、
年収500万円以上の男性と会えてたけど結婚まで行き着かなかった。

 

それなら結婚相談所でも同等の、
収入の人と出会えて結婚ができると錯覚する女性がいますね。

 

婚活パーティーや、
アプリのプロフィールの年収欄は、
自己申告ですから自己申告なら高めに書いてしまう人も多いでしょう。

 

婚活アプリで出会った30代の男性とお付き合いをして、
収入がプロフィールに書かれていた金額よりもずいぶん違っていたという人もいます。

 

年収は高くても、
既婚者だったなんてケースもあり、
アプリ等ではそう簡単に高収入で30代の独身男性には会えないようですね。

 

結婚相談所なら年収500万円の婚活男性は約3人に1人

 

その点、結婚相談所は、
入会手続に収入を証明する書類や独身証明書が必要なので安心です。

 

アンジェリクが加盟する、
日本結婚相談所連盟(IBJ)最新のデーターでは、
男性登録会員の年収が500万円から699万円が約37%となっています。

 

2020年の成婚白書「成婚者構成比」※④では,
年収500万円16.2%年収600万円20.9%年収700万円17.4%となります。

 

その年収の男性会員の構成では30代が一番多くなっていました。

 

また成婚者における、
全体の54%を、それらの会員が占めていることから、
平均年収より高い男性と女性が結婚相談所で成婚している事がわかります。

 

※①国税庁「平成30年民間給与実態調査結果」
https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2019/minkan/index.htm

※②厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2018/dl/13.pdf

※③内閣府「第1-1-20図 男性の年収別有配偶率」
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/measures/w-2019/r01webhonpen/html/b1_s1-1-4.html

※④成婚白書「成婚者構成比」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000488.000007950.html

 

◆◇◆◇◆アンジェリク3つの特典◆◇◆◇◆

①プロカメラマンによる提携フォトスタジオでの
 プロフィール写真撮影無料(1カット)
②お見合い料は無料(申込可能人数30名/月)
③大阪市内出張相談無料キャンペーン!
 お申込はこちら ⇒ https://angelique1122.com/reserve

 


YouTube『アンジェリク』アニメPR動画
https://www.youtube.com/watch?v=a6WwafYIXZc

トップページへ